スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産融資

不動産融資業では、ノンバンクからの借入れのほうが銀行よりも多くなる傾向が見受けられます。
その理由は幾つかありますが、ノンバンクは「担保主義」だというがあげられます。
ここでいうところの担保主義とは、不動産会社が購入した土地に建物を建てて販売しようとしたとき、土地そのものの価値を、ノンバンクは評価してくれるということです。

当時は金融界における大蔵省や日銀によるコントロールで、資金調達が難しくなっても、大蔵省の指導により、他の金融機関などから金を貸してもらうこともできました。
しかし、数年の間に急速に進んだ金融の国際化は、すでにそのようなやり方を許さなくなっていたのです。
世界の主流は市場の原則を貫けば潰れてしまうような金融機関を、国の意向で存続させるのは不健全なことだという考え方です。
それを無視することは、日本の金融界全体が不健全だと思われてしまうのです。

国内銀行全体では新規融資が2.9%減っている中で、不動産向けだけは15.3%増加し、新規融資全体に占める不動産業向けの割合は19.9%に達しているそうです。
これは、バブル期の水準を上回っています。

質権設定は、抵当権の物上代位の優先権を完全に確保するためというところにあり、債務者の弁済資力の確保、抵当権の物上代位権行使、火災保険の解約防止は必要であるとしても、それほど必要性は高くはないといえます。
決められた期間内に債務が弁済することができた場合には質権抹消の手続きを取ることは可能です。


不動産融資について

不動産融資の講座

不動産融資 事典

不動産融資ナビ

不動産融資 情報

不動産融資のツボ

ウィークリーマンションどっとこむ

ウィークリーマンション辞典

ウィークリーマンションtokyo

ウィークリーマンションの利用方法
 
ウィークリーマンション情報

ウィークリーマンションDE都会を満喫 

不動産融資について
  
不動産融資の講座 

不動産融資 事典 
 
不動産融資ナビ

不動産融資 情報

不動産融資のツボ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

住友不動産

突然のトラックバック申し訳ありません。住友不動産情報を発信しています。宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。

本日も楽しく拝見させてもらいました。
またこさせていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。