スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険

第三世代自動車保険「トータルアシスト」を販売開始しました。
現在、国内トップシェアの損保会社。その対応力・販売力・開発力は国内でも最高クラスです。 「トータルアシスト」に関して簡単に説明します。 なお、今後も併売されるTAPナビはスタンダードで良い保険です。その他様々な特約もついているので、保険に詳しくない人や充実したスタンダードな保険を選びたいという人にはおすすめです。


(特に軽貨物の場合、年齢条件適用出来ないことが多いので・・・。)
(全損=修理額が車両評価額より上回ること)
等級を引き継ぐには「中断」という手続きが必要。
そのような場合、車両保険に入っていると事故相手の保険会社の評価額を無視して車両保険金が出るので比較的損をせず次の車を購入することが出来ます。

インターネット上で価格比較サイト「価格.com 」を運営する(株)カカクコムは、100% 子会社の
株)カクコム・インシュアランスを通じ、来店型の保険総合ショップを JR 新橋駅近くに開設する。
<2006年 5月 29日号掲載記事>
価格.com とは、1997年に開設された、あらゆる商品の比較情報を消費者に提供する会員登録無料のインターネット比較検索サイトである。


損害保険会社では、自動車保険や各種の賠償責任保険といった損害保険商品を用意し、偶然の事故で法律上の損害賠償責任を負担することになった場合のかがいしゃの損害を補償することにより、結果として被害者救済を図っている。
損害賠償責任の発生
不正行為責任
故意または過失によって、他人の権利を侵害した者(加害者)は、被害者に対し、故意または過失によって生じた損害を賠償する責任を負う。なお、被害者が損害賠償を請求する場合、被害者は、加害者に故意または過失があったことを証明しなければならない。



自動車保険は別名「任意保険」と言われ、強制的に加入する自賠責保険とは異なり任意で加入する保険です。
自動車保険とは?
また、自動車保険は「対人保険」「対物保険」「搭乗者保険」「車両保険」の4つに分類されていて、「対人」「対物」「搭乗者」の3つがセットになっているものに「車両保険」をオプションでプラスするというケースが多いです。


これから自動車保険に入ろうと思っている方はもちろん、現在なんとなく自動車保険会社に加入し、そのまま更新を続けている方も「本当にその保険が自分に合っているのかどうか」便利な比較・見積もりサービスで、1度見直してみると良いと思います。

絶対に保険期間内に名義を変える(または廃車する)ようにしてください。
保険期間内に車の名義を変更して、「変更前と後の車検証写」「保険証券」「認印」用意して
保険会社か代理店に頼みましょう。前は共有していないグループもあったそうです。中断期間は最高5年ぐらいだと思います。 今は各保険会社が情報を共有をしているので、保険証券があれば、ほとんどの保険会社で等級の移行は可能だということです。

<子供特約>
<身の回り品担保特約>
<新車取得費用担保保険特約>。
自損事故の衝撃でカメラが壊れてしまったようなときにも損害が補償されます。
車内やトランク内に積んであった個人の所有物が、交通事故で損害を受けたときに補償してくれるもの。
最近はルーフキャリアにアウトドア用品をどっさり積んで移動している人も多いようですが、身の回り品特約はそうした荷物にも有効です。




ニュータイプの「特約」に注目!
ニュータイプの「特約」
特約とは、基本保険料に少しの保険料をプラスすることで、さらに幅広い補償やサービスを受けることができるというものです。
最近の自動車保険には、ユニークな「特約」が数多く用意されています。


自動車保険ってたくさんあって難しいですね。できれば格安の自動車保険を探したいものです。自動車保険会社にはソニー 損保、損保 ジャパン 、東京 海上、チューリッヒ自動車保険、三井 ダイレク、三井 住友 海上 、 東京 海上 日動、アクサ(アクサダイレクト)、あいおい 損保、ja (ja 共済)、トヨタ、セゾン火災自動車保険、aiu 自動車 保険、日本興亜損保自動車保険、農協、自動車振興会健康保険組合、富士 火災、全労災、大分、セコム、外資 系自動車保険等多くの種類があります。
まず補償内容についてですが、『人身傷害補償保険』を付けて、事故の相手方に対する賠償だけでなく自分自身やご家族に対する補償を準備することが重要なポイントです。
最後に事故時のサービスも十分考慮して、保険会社を選択してください。
次に、初めて自動車保険に加入される方などは、自動車保険のパンフレットやお見積りをご覧になっただけでは内容がわかりづらいことがありますので、補償内容やかけ方などについて気軽に、対面で相談に乗ってくれる身近な代理店が自分には必要かどうかを考慮することも大事です。
また結構問題なのが、自動車保険のトラブル、保険料、料率、解約、飲酒運転、等級の引継ぎ、名義変更、事故、不払い、自動車 損害賠償 責任 保険料などじゃないでしょうか?自動車保険の短期とかもあるんです。自動車保険を法人で通販を行う代理店とかもありますし、保険屋 自動車 事故マニュアルなんかも出回ってます。ちなみに言うのを忘れたのですが、物への保険は、対物賠償と車両の2種類です。多すぎて何がなんだかわからなくなりますね
対物賠償は、自動車事故による賠償責任のうち、人的被害を除く部分に対する補填を行なうものです。壊れた物の修理費・再購入費の他、それによって生じた休業損害なども含まれます。ペットなどの生物もこれに含まれるんです。金額は、最高「無制限」まで加入できます。
 

格安自動車保険

自動車保険の格安辞典

格安の自動車保険の情報

自動車保険は格安で

自動車保険の基本

自動車保険コム

ゴルフ保険のツボ

生命保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

車検とは?

車検費用を徹底攻略、車検費用節約の情報が満載

搭乗者保険がついに!

搭乗者保険って何?と思い、色々調べてみた。自動車では必須のものらしい。。なんか気になるのでyoutubeなどで動画などや、記事を調べてみた。■小泉麻耶さんの動画

東京 海上 日動 キャリア サービス/東京 海上 日動 キャリア サービス

東京 海上 日動 キャリア サービスについて悩みを解決するには、まずは東京 海上 日動 キャリア サービスについての正しい知識が必要です。そこで、東京 海上 日動 キャリア サービスについての情報を集めました! 東京 海上 日動 キャリア サービスに...

自動車保険 中断証明

自動車保険の車両入替について教えて下さい。 昨日、乗っていた軽自動車(17年式)を...自動車保険の車両入替について教えて下さい。昨日、乗っていた軽自動車(17年式)を買い取り店に売却しました。ディーラーで新車購入の契約済みですが、登録・納車は来年1月の予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

突然のコメント失礼しますね。

私の 自動車保険情報サイトで、
あなたのサイトの記事を紹介させていただきました。

この記事です
http://blog.livedoor.jp/car27jp/archives/50085482.html

それでは、今後ともよろしくお願いしますね。

はじめまして!!

私の自動車保険見積もりランキングサイトで
こちらの記事をリンク紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。
また遊びに来させていただきます。
お時間のあるときに私のブログにも遊びに
来ていただけたらとても嬉しいです。
紹介記事は
http://zidousilyahoken00001.blog90.fc2.com/blog-entry-171.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。