スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理

自分に合った法律家を選ぶコツがあります。「何に力を入れているのか? 専門性があるのか?」までならば、電話帳広告やインターネット検索などである程度までは察することは可能だと思います。あとは実際に会ってみることです。場合によっては、数人に会ってみましょう。そのときどのような点に気をつけて、相談に乗ってもらうのが良いのでしょうか? 相性の問題が基本的にありますが、せっかく会ったのですからそれだけではなく、そこからいろいろな面を判断されるといいかと思います。

それぞれの債務者の事情によって希望方法を選べない場合がありますから、司法書士・弁護士など専門家に相談のうえ、最もその状況に適した方法を選択しましょう。債務整理の方法には、「任意整理」「自己破産」「民事再生」「特定調停」があり、特に任意整理は、法的にその借金を整理するのではなく、裁判所を介在させずに債務者と債権者が「話し合い」で解決するため任意整理と呼んでいます。

5 債権者(実は債務者だった消費者金融業者)に対して,過払い金の返還交渉をする。任意に返還をしてこない場合には、請求金額が140万円以上の場合は地方裁判所,140万円以下の場合には簡易裁 判所に提訴。6 過払い金を回収し,それを支払い原資として債権者(債務が減少したものの債務が残った場合)に対して弁済額の減少を求めるか、依頼者に返金。7 依頼者に対して、業務終了の報告と費用の精算、返金などを行う。

民事再生手続とは、マイホームだけは手放したくないという方が生活に立て直しに利用する、裁判所を介した法的な債務整理方法です。住宅ローンの減額はありませんが、それ以外の債務を減額の上で免責にできる手続です。特定調停とは、裁判所が選出する弁護士や学識経験者などの調停委員の手助けを受けながら借金の減額や返済方法などを仲裁してもらう手続です。平成12年に新設された新しい制度で、自己破産よりわずかに生活の建て直し可能性の高い方が利用しています。

投資のセオリー

債務整理を考える

債務整理コム

債務整理ネット
 
債務整理の情報

債務整理の基礎知識

債務整理web
 


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フラット20とは

フラット20に関するリンク集です。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。